うつ病の症状を知って予防~前向き治療のコツ~

先生と患者

気分が激しく落ち込む病気

カウンセリング

うつ病になると日によって気持ちの浮き沈みが激しくなるため、周囲の人も対応に苦慮することが珍しくありません。しかし、患者の状態に過敏に反応するのではなく、穏やかに接することが大切です。うつ病では頭痛や消化器の不調などの身体的症状と、ひどい不安感や無価値感・絶望感などを感じる精神的症状とがあります。

Read More...

15人に一人がかかる病気

男性医師

うつ病は社会的な病気の一つです。精神的疾患であるため周囲の人に理解を得られず、また気づいてもらうこともできない病気です。そのため症状に思い当たる節がある場合には早期に病院で診断を受けるのがベストです。

Read More...

自分は大丈夫と思わない

男性

今、うつ病を抱える人が多くなっている状況にありますが、そうなる前に病気の症状を知っておくことが大事です。 主に挙げられるのが気持ちが落ち込んでなかなかもとに戻らないとか、最近ずっと眠れないなどは注意が必要です。

Read More...

能動的な経過観察が重要

男性

うつ病の症状は精神面に現れるケースの他に肉体面に現れるケースもあります。うつ病の主な原因はストレスですが、ストレスの要因となるものは人それぞれで異なります。またうつ病を発症した際は精神科や心療内科に通院し、薬物治療などの治療を行い、症状が改善された後も少なくとも発症から丸1年は経過観察が必要です。

Read More...

心や体が楽になる治療

胸を押さえている男性

良い環境と周りの理解

うつ病にかかってしまうと、心や体に辛い症状が出てきてしまいます。よく見られる症状として、気分の落ち込みや倦怠感、不眠や食欲低下などです。気分の落ち込みでは、とにかく悲観的な考えとなってしまい、何でも自分を追い詰めようとします。真面目さや責任感が強いことで完璧さを求めてしまうので、追い詰めすぎて正常な精神が保てなくなってしまうのです。倦怠感もうつ病で起こりがちな症状で、体がだるくなり、やる気が起こらなくなってきます。不眠はなかなか寝付けなくなり、その疲れがずっと長引くので辛くなります。食欲低下は、美味しいものが感じられなくなったり、極端に食欲がなくなるので痩せてくる人も多いです。こういった症状がしばらく続いたのなら、病院で治療をしていき、症状を抑えていかなければいけません。うつ病の原因はほとんどがストレスで、本格的に治療をするには、そのきっかけや環境となってしまうことを避けていく必要があります。学校や会社を一時期休むなどして、ゆっくり体を休めていけば治療にも効果が期待できます。辛い症状を抑えていくには、まずは病院での治療が大切ですが、それに前向きに取り組める環境や周囲の理解も同じく大切です。うつ病の回復は治療だけでなく、その周りの影響も大きいので、治療がしやすい状態にしていくことで良い方向へ変わっていけるでしょう。

脳の働きを整える

うつ病の症状は、神経が敏感に反応することで心や体に表れてきます。ストレスを溜めこんでしまうと、脳にある神経の働きが乱れてしまうことから起こってしまいます。この働きを整えていくには、薬の投与でコントロールしていき、自信を付けさせていくことで症状を抑えることができます。脳にはいろんな神経が存在し、その働きにより心や体が健康的な状態でいられます。悲しみや嫌な体験を受け続けると、この働きが正常でなくなってしまうため、これを薬の力でもとの健康的な状態へと戻していきます。人によって体質や症状の違いがあるので、薬が合わない場合もあります。うつ病に使われる薬は多くの種類があるので、その人に合った薬で回復を見ていくことになります。こういった治療の課程から、情緒も穏やかになり、活発に動けるようにもなってきます。不眠や食欲低下も徐々に良くなる傾向になり、辛さを感じさせない生活を取り戻すことができるのです。うつ病は再発しやすい病気でもあるので、回復してもストレスを溜めない工夫をしていき、前向きな考えを忘れてはいけません。上手くいかないことは同じようにみんなに起こってくることなので、あとはその受けとめ方次第となってきます。自分にマイナスになるようなことを上手に受け流していくことができれば、再発もそれほど心配する必要はありません。